終わりなき日々。

まろパパのHow about this?

YouTube動画 行ってきました!

南郷水産センター 鮎のつかみ取り

投稿日:

滋賀県南郷水産センター
〒520-2279 滋賀県大津市黒津4丁目4番1号
TEL:077(546)1153 FAX:077(546)4793
E-MAIL:suisan-center@zeus.eonet.ne.jp

場所はこのあたり

わかりにくいね

琵琶湖のすぐ南にあるので大阪市内からはそこそこ遠いです。

専用駐車場(終日500円)は道路を挟んだ向かいにあり

のぼりも立っているのですぐにわかります。

 

大阪から遠いですが、この大自然!!!

それに

ここで鮎のつかみ取りができます。

 

これはやらねば!

 

こちらが場内マップ

画面中央のS字の池に【つかみどり】と書かれています。

ここです。

人工の川に放流しています。

まずは

お金を払います。

20分/300円です。

※原則として一度捕まえた鮎は逃がしてはいけません。
(後から補足しますが、あくまでも原則です。)

お昼前に入りましたが…

探せど探せど…

いないのね…

『無理なんですけど?』

の表情です。

 

日曜日ということで、人が多く鮎が売り切れ状態です。

当然お金を払って入場しているので受付に報告

20日(日)は特に忙しかったらしく

隣接する養殖池から追加してくれます。

この養殖池が4つほど並んでおり

1つ1つがデカイです。

ビジネスとしてはやはりこれぐらいの規模になるんでしょうね!

これが酸素を供給する機械になりますが、どこで売ってるんだろう?

1機いくら?100V?

話を戻し

1回でこれぐらい追加してくれますが何匹いてるかな?

まぁまぁの数です。

ちょっとわかりにくいけど、黒っぽいのが全て鮎です。

動きが速いけど、ここまで増えると

小学生なら簡単に捕まえれます。

そうそう鮎は口が横にデカいよね!

たしかコケを食べるからだったかな?

慣れてくると片手でも捕まえれます。

動画 ↓

動画内で一度捕まえた鮎を逃がしていますが、大人が多少弱らせないと小学生以下のちびっ子はまず捕まえれません。

平日で入場者が少ない場合だと単純に鮎を弱らせるルール違反行為になりますが、この日のようにすぐに売り切れる状態では結果論で言えば慈善行為…

結局、入場者が多く予定数を超えて放流したそうで翌21日(月)は鮎のつかみ取りが中止となりました。

ちなみに

ちびっ子がバシャバシャと走り回るので、まぁまぁ濡れます。

大人も着替えを持って行った方が良さそうです。

 

 

捕まえた鮎はこの場で食べれますが

塩焼きが400円/1匹

生持ち帰り 300円/1匹

つかみ取りをして、自分で捕まえた鮎を焼いて貰います。

つまり…

1匹なら700円で2匹なら1,100円です。

ここも※原則になりますが、鮎を食べるだけはできません。

こちらが焼き場

炭火でじっくり焼いてくれます。

ちょっとわかりにくいけど煙が凄いのね!

辺り一面いい匂いがします。

混んでいたみたいで40分ほど待ちました。

その間に

石鹸で手足を洗っておきます。

串ではなくお箸で食べるスタイルになりますが、そのままかぶりついてもイケますね!

説明するまでもなく、とても美味しかったです。

 

鮎のつかみ取りはこれにて終了ですが、せっかく来たので他も少し見ていきます。

まずは入口を入ってすぐの鑑賞池

150円で棒麩を売っているのでエサやりができます。

魚の種類がわかりませんでしたが、ちょっとグロいです。

動画 ↓

申し訳ないんだけど、条件反射で『キモい』っと口に出てしまいます。

微妙なデカさに加え、音!

生だとよく聞こえますが

『ジュッボッジュボ』

っと変な音がします…

なかなか圧巻されるのでオススメです。

 

さらに場内を周ると…

どこからともなく聞きなれないセミの声…

『ツクツクボーシッ…ツクツクボーシッ…』

 

マジか!

大阪はクマゼミしかいないので探さねば!

おった!

画像でも確認しましたが間違いないと思います。

息子『欲しい…』

 

虫取り網を持ってきてないので…

なんとか手で潰さないように捕まえれました。

カメムシが近くにいたので注意です。

間違って手で潰してしまうと…その日のテンションがババ下がりになります…

 

この時は気付かなかったけど、実はこの時にサンダル(クロッカス風)の丸い穴から5㎝ほどのムカデが侵入しており…

噛まれてはいなかったようだけど、この後に赤く少し腫れてチクチクし始めました。

草むらに入る場合は注意ですね!

続いて

鯉の池

もう想像できましたよね?

場内に100円で餌を売っています。

ぶっちゃけ、相当臭いので後でしっかり石鹸で手を洗う必要があります。

動画 ↓

こちらも…

『ジュッボッジュボ』

です。

 

その他の鑑賞魚は

チョウザメがいますが、オスだよね?

メスだったら絶対に夜な夜なパクられると思います。

 

鯉とフナの釣り堀もありましたが、これはパス

入り口の金魚釣りへ

ザリガニ釣り 1回200円

今年は少ないそうです。

妙にデカいがゆえに売れ残り

こういう感じで大きなハサミに引っかけて釣り上げます。

パッと見るだけでも…無理ゲー…

これは厳しいぞ?1回200円…

5回目でゲットできました…

ちなみに

頑張って釣り上げたので持って帰ります。

 

また…ザリガニ…

 

金魚釣り 1回100円

今年は全国的に小赤が不作で少なかったらしいですが、元気な生体がたくさんいますね!

さすがにいらないので遊んで終わりです。

 

おたまじゃくし、亀、ナマズを触れるコーナーもあり

動画 ↓

あまり触りすぎると良くないと思いますが、おたまじゃくしはぷにゅぷにゅで気持ちがいいのでオススメです。

 

その他はスーパーボールすくい等もありますが、生体が入った水槽と同じ水(循環)なので、持って帰る前に一度水洗いを推奨します。

特にこれが目新しく面白い!っていう訳ではありませんが、普通に楽しかったです。

見て頂くとわかりますが、大人も子供も夢中です。

童心に帰るってこういう事かな?

パッと横を見ると

アブかな?

赤とんぼを捕食しています。

いや~~自然だね!

こんな光景は家の周りでは見れないわ!

 

そういうわけで

夏休み最後の日曜日を息子と満喫できました。

 

8月27日(日)が残ってる!って思いました?

大阪市は8月25日(金)が2学期の始業式になります。

これについては長くなるので別件で!

 

とにかく、自然を楽しめるのでオススメです!

-YouTube動画, 行ってきました!

Copyright© まろパパのHow about this? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。