終わりなき日々。

まろパパのHow about this?

おもちゃの改造 メロンロックシード・改

メロンロックシード・改 【改造記 その1】

投稿日:

_s__10387484

では、改造を始めます。

改造のベースは【SGメロンロックシード】

_s__10387486

まずはフロントフェイスの改造をします。

画像を見る限りではこちら側に傷はありませんが、開いた状態での完成度を求めるには本体側のジョイント部分の穴を埋める必要があります。

分量が少し多いので8割ほど軽量紙粘土で埋めます。

_s__10387487

その後エポキシ樹脂で固めます。

とりあえず、乾燥するまで放置します。

_s__10387490

改造のメインである【裂傷】をマジックでラインを入れます。

参考画像を見る限りでは直線のシンプルな傷になりますが、ある程度は忠実にラインを入れておきます。

_s__10387489

【傷の形成について】

本体は左下から右上にかけてソニックアローの斬撃を受けているので、正面以外も傷を形成する必要があります。

※注

この改造では基盤を残し音声機能を殺しません。

_s__10387491

同様に右上部分も巻き込むように傷を形成します。

開錠ボタンやフックのロック部分があるので、機能を殺さないように調整しながら形成する必要があります。

_s__10387494

ほぼ直線で傷の幅もあるのでグラインダーで8割ほど削ります。

_s__10387495

グラインダーを使うと摩擦熱で多少溶けながら削れます。

画像では少し穴が開いているように見えますが、溶けた樹脂を全て取るとガッポリ穴があきます。

樹脂の下はほぼ空洞になるので、この溶けた樹脂を残し傷を形成します。

_s__10387498

裂傷の形成にあたり、邪魔になる正面のスッテカーをマジックのラインで切除しておきます。

_s__10387499

ここからはルーターで調整しながら削っていきます。

_s__10387500

メロンロックシードは【ガチャのSG】なのでカギの部分が分割構造になっています。

今回は不要になるので外しておきます。

_s__10387501

連結部分のジョイントはグラインダーでスパっと落としています。

_s__10387507

これで粗削りが完了です。

本編を確認するとメロンロックシードが2番目に壊れたロックシードになり、傷についても簡素で深さもさほど無いのでインナープレートは貫通させていません!

フロントフェイスを止めるチョボもほぼ無加工になるので

-おもちゃの改造, メロンロックシード・改

Copyright© まろパパのHow about this? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。