終わりなき日々。

まろパパのHow about this?

アクアリウム水槽 その他DIY

製作を延期します。

投稿日:

手が開けば今年中に製作に入ろうと思っていた「アクアリウム水槽」

本来は60㎝水槽での製作を念頭に準備に入っていましたが、タイゴーストザリガニ用に下ろしたのでベースとなる新しい水槽が必要になります。

60㎝水槽でもそれなりに遊べると考えていましたが、いろいろ欲を出すとやはり小さい!

であれば、ワンランク上の90㎝水槽

セット物でこの価格。

外部フィルター付きにしては安い方で

LED照明に上部フィルターのセット

こちらは単品ですがスリム型90㎝水槽

 

悩ましい…

中古の90㎝水槽であれば無料で貰えるのですが、やはり小傷がある中古というのは…

単品で買っていくと

有名なエーハイム

高いよね?

専用パーツもお値段が高いです。

 

さらに悩ましい…

 

いろいろ考えた結果…

一度、製作を延期します。

 

ちょっと冷静にならないといけないかな…?っと。

これとは別に「沢がに水槽」も製作を考えていましたが、こちらについては完全に中止にしました。

アクアリウムをする方の悩みとして、どんどん水槽が増えていくという事があるそうですが…まんまその通りですね(笑)

 

結局、用途が異なるからどんどん増えていくんですよね。

これは危険…

 

作りたいのは作りたいんですけどね!

でも予算が…

 

僕がオリジナルで作ろうと考えていた形状では、総額5万円ぐらいの製作期間が2ヵ月ぐらいの試算になりました。

無理やな…5万は高いわ!

完成形としては、90㎝水槽の中に「川」を作ろうと考えていました。

5㎜のアクリル板をふんだんに使用し、10個ぐらいのパーツに分けてガッチガチに作り込もうと…

たぶん面白い物ができると思うんですよね!

 

ただ、冷静になると…置く所がない…

それに、入れたい生体もいない…

もっと言うと、水槽がデカいし重い!

90㎝ガラス水槽を少しナメていたけど、中身のない乾燥重量でも息子(23㎏)より重いんじゃないかな?

水を張り砂利を入れただけでも200㎏を超え、オーバーフロー水槽ともなると250㎏を超えてくるので…

マンションなら問題ないと思いますが…

 

それに

冬場の水温管理が大変です。

当然、屋外のベランダに置くことになります。

夏場のクーラー代に比べればヒーターの方が安いと思いますが、それでも1ヵ月の電気代がどれぐらいかかるのか?

こういうのとか

こういう水草は水温が低いと枯れます。

ヒーター無しでは味気ない水槽になるのでこれも…

 

室内に置ける環境になれば作れるか…

だいぶ先の話になりますが、時期が来ればいずれ…

 

 

ただ!

 

水槽を作る熱意までは失せていません!

っと言うよりは

今回タイゴーストザリガニの卵のふ化に失敗しました。

いろいろな要因が重なりましたが失敗は失敗で、その中でも飼育環境の悪さが一番の原因だったと考えています。

タイゴーストザリガニは来年にでも交配産卵のチャレンジをしますが、その際に入れる水槽がありません。

『作るならこっちが先じゃね?』

こういう考えに至りました。

 

そういうわけで

小型のオーバーフロー水槽の製作に変更します。

詳しくは専用カテゴリーを設け【本編】で詳しくアップしていきますが、水槽及び給排水の配管周り、水槽台まで完全ワンオフで製作します。

このような水槽はネットで探せばいくらでもあったと思いますが、僕が作る物は完全オリジナルなので詳しい作り方も記載していこうと考えています!

 

っていうよりは…

半分はネタ

になると思います。

-アクアリウム水槽, その他DIY

Copyright© まろパパのHow about this? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。