終わりなき日々。

まろパパのHow about this?

「けん玉 メンテナンス」 一覧

no image

けん玉:玉を塗る 【後日談】

昨年色を塗ったけん玉の玉ですが、約8ヵ月が経ちその後どうなったのか? それなりに状態を保っていると思います。 各部を詳しく見ていくと まずは紐(糸)ですが 耐久性がある素材なので機能としては特に劣化し ...

けん玉:玉を塗る その4(完結)

ベースのアイボリーが乾燥したので塗り分けていきますが、今回は細いラインを入れるので細いテープを用意しました。 ドレーピングに使う3mm幅のアパレル用になりますが、粘度がありしっかり接着するので問題なく ...

けん玉:玉を塗る その3

前回、紫と緑の2色で塗装をしましたが、一部パテが取れました。 けん玉はカチャカチャと遊ぶ物であり、落とした場合にもそれなりの衝撃があります。 このままでいいのか? はいっダメです。   【お ...

けん玉:玉を塗る その2

では玉を塗っていきますが、その前に! 通常使用において各部に凹みが生じた場合は、水で濡らす事で復元する場合があります。 これは木の特性を利用したものになりますが、長年凹んだ状態を放置するとまず戻りませ ...

けん玉:玉を塗る その1

今回はけん玉の玉部分のリペイントを行います。 っというのも 前回紐の交換を行いましたが、かなり早い段階で切れました… やっぱり綿はアカンね! っというわけで紐の交換は別途行いますが、せっかくなので玉の ...

けん玉:紐(糸)の交換方法

今回は紐(糸)の交換です。 けん玉の唯一の消耗パーツであり、定期的に新品交換する事でパフォーマンスが安定すると思います。 っと言うか、そこまで気にする事もなく こうなってしまうと…ほどく事ができないの ...

けん玉:プチ修理

今回はけん玉のメンテナンスです。 約10年前に買った黒けん。 本格的に息子が使いだし、かなりボロボロになってきました。 特に剣先がエライことになっています。 これはいけませんね! 本来の形状は左側にな ...

Copyright© まろパパのHow about this? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.