終わりなき日々。

まろパパのHow about this?

子供と楽しむヤゴ&ザリガニ飼育

【次は何を?】ヤゴ“ロス”後に向けて #子供と楽しむサワガニし…

投稿日:

ヤゴがあとどれくらいで巣立つのかわかりませんが、せっかくだし勢い(水槽)が残ってる内に違う生き物でも…

すでにギリギリアウトっぽいですが、息子が中学生になったら絶対に見向きもしないだろうしあと1種か2種…と親心を発動中。

【 メダカ2020 】

数は数えていませんが100匹以上はいてるので【#子供と楽しむメダカ飼育】を1本だけ書きたいと思います。

メダカの飼育関連を観ててもザリガニ同様に相当酷いですよね。本来の飼育からかけ離れた「メダカ養殖ばっかりだもんねw。すっげーカオスだし。そんな感じ。

先にね!

ゴールデンウィーク前に「生体販売休止に踏み切った店舗を見に行きましたが、なんとか再開ができたみたいでなにより。

【 大人気2020 】

相変わらず【ヒメダカ】が売り切れていますが、あの後に1回入荷してるからかなり売れてるんですよね。

何でだろう?

水生生物の入門編としては分かり易いし入りやすいし価格が安いし維持費も安い。

だからかな?

まさか…生餌需要?

実際ね、ヤフオクでは相応に高額メダカが売れているみたいですが、複数の店舗で確認したところ大して売れないと言うかロスがデカいそうです。地域がかなりあるだろうけどね。

【 サワガニ2020 】

これも日本固有の在来種ですね。以前バンパイアレッドデビルを軽く紹介しましたが、もう「外来生物」はお金を出してまで要らない。

漢ならサワガニ

【 微妙な価格2020 】

安いのか…高いのか…w

えっ…26℃以下なの?

ちょっと先にね!

【2019年10月頃 撮影】

詳細な日時は忘れましたが奈良県の東大寺に行った際の小川にサワガニがいてたんですよね。

たぶんそうだよね?

もともと大阪市内にサワガニなんていないし、知るキッカケすら無いのでわざわざ調べる事もありませんでしたが、確かに綺麗な水辺を好む…なんか思い出したかも…。

水温についてはあまり深く考えていませんでしたが、水質の綺麗な上流域に生息しているのであれば湧き水で水温が低いか…そうか…なるほど…。

あっ…無理っぽいなw

そもそもサワガニの「屋飼育」ってちょっと想像できませんが、海遊館にはおった…いや規模が違うか…。




【 ブサカワ2020 】

なにか憎めないフォルムと言うか、飛び出したお目目に愛嬌があるよね(笑)

【 脱皮殻2020 】

甲殻類なのでもちろん脱皮を行い体を大きくしていきますよね。どこから割れるんだろう?

これも脱皮殻かな?

同じ甲殻類とは言え、ザリガニ種とは異なり比較的温厚で陸生に近いくせにエラ呼吸という…。

環境の造りごたえもあるだろうし意外と寿命も長いそうです。まだ決めかねていますがサワガニ専用の環境を作ろうと思うと…たぶんFRPが必要になるだろうなぁ…。

ヤッベ 楽しそうw

【 ドワーフザリガニ 】

生で観たのは初めてかもしれませんが、現在市場に流通してるザリガニ種の中で一番小さいサイズになるのかな?

TL2.5㎝もないぐらい。

コレはコレで違う世界観が作れそうですね。

【 バスキューザ 】

アメリカザリガニよりも小型で温厚とかだったかな?2年前に出会っていれば購入してたような気がしますが、もう外来生物の中でも未判定種」はいいや。

サワガニなぁ…

実は天ぷらにすると美味だよね。今後はこの方向性で…いや不純かwww

終わり。




-子供と楽しむヤゴ&ザリガニ飼育

Copyright© まろパパのHow about this? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。