終わりなき日々。

まろパパのHow about this?

ザリガニ飼育 【環境製作編】

タイゴーストザリガニ用ビオトープ 【製作記】

更新日:

コーナンで購入した衣装ケース

商品名は【たっぷり収納ケース】

サイズは幅44㎝×奥行55㎝×高さ25㎝

これの20㎝、30㎝の高さ違いの商品もありました。

設置場所は水槽を置いている方のベランダを予定しています。

散らかってるなぁ…

現在、大きいザリガニ用とベビー用を鋭意作成中につき…未完…

 

今回用意したサイズは現在赤いザリガニを入れている衣装ケースよりも一回り小さいサイズになります。

相当吟味を重ねた結果、この容器は使えます!

先にこれが完成形になります。

外側のベージュケースを逆さまにしています。

利点としては

淵を取り囲むようにツバができるので強度アップ!

よく見ると中に隙間があるので、ここは水が入らないように埋める必要があります。

上部のみをシリコンで完全に埋めると、内部に空気の層を作る事ができます。

今回の製作ポイントですね!

ただ、この状態だと完全に閉まりません。

引っかかっている場所を探します。

まずはこの部分

同収納ケースを上に重ねて積んでいく時にズレ防止の為に引っかける際の窪みです。

完全に飛び出しているのでグラインダーで切除します。

穴が開きますが、特に問題ありません!

続行!

しかし…

 

閉まらない…

 

問題個所をさらに探します。

全然意識をしていませんでしたが、四角ではなく台形寄りの形状でした。

無加工では無理やり押し込んでもすぐに飛び出します。

この隙間は流石に不細工なので

正位置でいう上側のはめ込み蓋を一度取り外します。

これが固い!

ツメが数か所ありますが、丁寧にトルクを掛ければ外れます。

製造から1年以上経過した商品は柔軟性が無くなるので『割れるんじゃないかな?』ってレベルの固さです。

外した方が削りやすいのね…

初めから外しておけば…

ここまで汚れなかったのに…

この粒子は削る際に溶けながら飛んでいくので指で軽く擦ったぐらいでは取れません。

ヘラかカッターナイフでガリガリしなければ取れません…

メンドクセ……

 

続いて

内側の透明ケースの下にストッパー用?のツバ(黒マジック部分)があり、これも邪魔なので切除します。

透明ケースの正面の下側になり、位置はこのあたり。

この上側も

若干干渉するので削りますが穴が開きます。

続行!

 

ここまで削ると綺麗に収まるので

先に厚くシリコンを盛ります。

軽く押さえます。

ある程度乾いたら外していた外側ケースを戻します。

最後に上部淵のコーキングが残っていますが、これにてほぼ完成です。

 

この収納ケースの良いところは2点!

 

まず、外側ケースがあり水を入れた時の横方向への膨張が少なくなります。

続いて、逆に取り付けシリコンで押さえる事で6面中4面が2重構造になり、間に空気の層を作れます。

ペアガラスと同じ仕組みで、水温を下げ過ぎない為の工夫です。

ガラス水槽だと外気温次第では水面が凍結するので…

たぶんこれでイケる!

 

タイゴーストザリガニ用ビオトープ 【製作記その2】 へ

 

-ザリガニ飼育 【環境製作編】

Copyright© まろパパのHow about this? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。