終わりなき日々。

まろパパのHow about this?

子供と楽しむ生き物飼育 ■野生ザリガニの観察■

【実は犯罪になる可能性も⁉】いくら“採集”といってもダメなものはダメ!

更新日:

それでは!

6月12日に大阪城公園の人工の小川で見つけたカニさん。

そう、このカニさん!

まず大前提として、本来の自然で見つけ捕獲(自然採集)した水生生物は持ち帰って飼育をしても特にお咎めがありません。(種にもよる)

た だ し !

爬虫類がかなり微妙になりますが、特に離島等で独自の生態系になっている種(希少種)については条例で縛られる場合があります。奄美屋久島あたりが有名だと思いますが、島からの持ち出しが全面禁止されている場合とかですよね。ソレに加え原則的に理由を問わず哺乳類や鳥類はアウトになると思います。(植物昆虫が対象になる場合もある)

簡単に言うと『なんでもかんでも採集するなよ?』になりますが、お子さんがいる家庭向けに翻訳するとSNS等で情報発信さえしなければ絶対にバレんけどな?』とも言えます。

そういうわけで!

優さん『獲ったどー』

最近よゐこの「無人島0円生活」を放送してないよね?結構好きなんだけど?この前のナスDの放送は観た。

前回のザリガニの反省を踏まえビニール袋を事前に用意しておきました。この日は雨だったし自転車移動で傘をさしてバケツを持つなんて無理だからね。車でも無理というか水がこぼれたら嫌だよね。ビニール袋って意外と使えますがアホの環境省が有料化するわ』とか言い出したでしょ。てか7月1日から始まりましたね。

実際の現場はこんな感じですが、雨が降っており傘をさし集中力が切れやすい中での発見であり、別に2~3時間かけてじっくり探すわけでもないので対象まで2~3も離れると素人の“では見つけにくいと思います。まぁ…そういうことだよw

【2020年6月12日 撮影】

この記事を書いた今日現在の何日かな。ここが1つポイントですね。どのような形であれ拾得物は警察署(交番)に届けなければいけません。

ココが悩んだ

本来の自然であれば不要となりますが、大阪城公園の人工の小川は文字通り人工物になります。

そう、人工物なんです!

この場所の詳細は別記事で書くので割愛しますが、昭和60年代に造られており当然生き物は1匹もいない状態からスタートしています。

つまり放流個体だわな?




・ザックリ分類すると?

本当にザックリになりますが、とりあえず全てが不可の特定外来生物」。許可があれば飼育できる特定動物。いろいろなカテゴリーがあるもののそれ以外の3つですね。

確か2020年6月1日から「特定動物」規制内容が変更になったと思いますが、とりあえずこのカニさんはそれ以外に分類されます。

つ ま り ?

ペットとして飼われていた生体であろうが別の場所で採集した生体であろうが放流については罰則規定が特に無いので刑事罰の対象になりません。(種によっては条例違反になる場合も)

だ が し か し ?

生体については財産と考えることが可能であり、人工物(施設等)で採集した場合は拾得物つまり占有離脱物横領罪(※1)の可能性が出てきますね!

※1 刑法254条-遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

要は捨てても特に刑事罰が無いけど、拾っても届けずにナイナイすると場合によっては罰せられる可能性があるわけです。初犯であれば起訴されることはありませんが、もちろん前科を頂戴することになるので軽く考えないように!

本記事を書くにあたり、個人主観でテキトーな事を書いてしまうと後々面倒臭いことに成り兼ねないので

はい、ソース

いくら拾得物とはいえ所轄交番では対応ができないので本署まで行き経緯を相談し、まずは一時保護という形で我が家での飼育が始j…こんなカニを急に持ってこられても邪魔なんだよね(笑)

迷子の犬や猫、一部の爬虫類や一部の鳥類については本署まで連れて行った方が良さそうです。ちなみに一時保護についてはスズメやハトみたな野鳥にも適用されますが、場合によっては鳥獣保護管理法違反に問われる可能性もあるので…これもまずは警察署でいいのかな?シランケド

・種の判定について

これも深く考えていなかったというよりも担当の警察官と話をしてわかりましたが、そもそも“拾得物”として受理するためには「種の特定」が必要になります。

インターネットで調べる限り【クロベンケイガニ】が有力でしたが、そのような素人意見ではなく専門家による「判定が必要となる…そうです。

コレが実際に提出したカニさんの画像になりますが、大阪屈指の水族館である海遊館に依頼し…あの~既に営業を再開していますがコロナの影響でバタバタしてて判定までに時間がかかる…ということで大阪市立自然史博物館依頼となり【クロベンケイガニ】が確定しました。

でね、ベンケイガニは〇〇ベンケイガニ」みたいに呼び名が変わる?こともあるそうで

ちょうどヤフオクで出品されていますが、コレは千葉県で採集された個体ですがハサミが少し紫色になっています。

この「アカテガニ」が近縁種だった…「カクベンケイ」とかも。

捕獲時に比べ色味が明るくなったような気がします。でも【クロベンケイガニ】であって漢字にすると【黒弁慶蟹】です。背赤後家蜘蛛よりも丸い感じ?




受理されるのか?

このカニさんが【クロベンケイガニ】と判明したので、結論から申し上げると拾得物として受理されませんでした。これがヤシガニだったら受理されていましたが違いが分かりますかね?

もちろん大阪市立自然史博物館から補足情報も頂いておりますが、実はこの【クロベンケイガニ】は大阪府もとい大阪内でも野生個体が確認されています。へぇ~知らんかった!

てか…

【東住吉区】第50回特別展 知るからはじめる外来生物 #大阪市立自然史博物館

少し前に行ってるんだなぁ~。残念なことに捕獲の3日だったから聞けなかった。いや、どのみち一度は警察署に行かないといけなかったのか。

これがまた微妙な位置関係になりますが、大阪市内の「大」「寝屋」「第二寝屋辺りで確認されているそうです。だから「淀」「堂島」「土佐堀にもいてるだろうし。

「道頓堀は知らん。

ちょっと調べたんですよ!

ホンマですやんか(笑)

このカニさんも繁殖期には海の方に行くので別にいてても不思議ではないのか…。

場所はたぶんココ

中之島の東にある中之島公園」内だと思いますが、西側には中央公会堂や大阪市役所がある自然とはかけ離れた場所と言いますか…。

【 ストリートビュー 】

行くのが面倒臭かったけど少し気になったので対岸側から確認しましたが、水の色味はお察しだしごく普通の都市公園です。

【 この位置関係 】

青〇「中之島公園」赤〇が大阪城公園の「人工の小川」になります。

昔一度調べたことがありますが大阪城北外堀と「寝屋川」「第二寝屋川」が水中で接続されている…とか。結局詳細はわかりませんでしたが。

とにかくね、南外堀まで辿り着ければ人工の小川」に侵入することが物理的にも可能ということ、この捕まえた生体が必ずしもペットとして飼われて個体の放流個体」とは言えないし、近隣の生息数からして希少性も無いので総合的に判断して『拾得物にはできないという見解でした。

大阪市は政令市なので各行政区に1つ、現場のすぐ横にも大阪府警察本部があり25個の警察署があります。どこの署に話を持って行くか?でも若干解釈が異なる可能性があるそうですが、【クロベンケイガニ】については【クマゼミ】と同じ解釈になるであろと。

ちょっと長くなりましたが…

僕の場合はこの後に続く記事の絡みもあるし場合によっては問題になる可能性も出てきそうだったので調べましたが、本来であればこのような工程は不要になります。

なのでSNS等で情報を発信する場合は事前に調べ問題が無いかの確認をするだけでもトラブルに発展することが無いし、7月に入り全国的にも自然採集をする人が多くなると思うので頭の片隅にでも置いて頂ければと思います。

まぁ…

SNSで情報発信しなければ…

あとはわかるよね?

おわり。




-子供と楽しむ生き物飼育, ■野生ザリガニの観察■

Copyright© まろパパのHow about this? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。